事前準備

多くの留学生が第一ステップを踏む場所です。まずは語学学校に通い、その後にコミニュティカレッジへ入学する生徒が多いです。LAには30校以上の語学学校が存在するので、エリアや評判などを考慮して、一番最適な学校を選びましょう。

prep_language

語学の種類

私立の語学学校

私立の語学学校は大学付属の語学学校とは変わり、大学のキャンパスではなく、街の中に独立した形で語学学校があります。商業ビルの中に語学学校が入居しているケースが多いです。
私立の語学学校は、入学も厳しくなく、基本的に英語を学びたい留学生であれば誰でも受け入れてくれます。クラスのレベルも入門から上級コースまで細かく刻まれており、留学生のステップアップに沿って適切な授業を受講することができます。また、入学時期も特に制約がないほか、クラス時間も自由に選べるため、学生のスケジュールにあった授業を受けれるのが、私立の語学学校のメリットとも言えるでしょう。

カリフォルニア私立の語学学校の主な例

学校名平均費用 (1ヶ月)
College of English Language38万円
EC ロサンゼルス43万円
ELS40万円

※平均費用はあくまでも参考です。受講するクラスによって異なりますので、ご注意ください。また、こちらの費用は授業料だけではなく、入学手続き代行料・海外送金手数料・入学金・滞在手配料・1ヶ月の宿泊費(ホームステイ)が含まれています。

大学付属の語学学校

大学付属の語学学校はその名の通り、語学学校が4年制大学 (university)と短期大学 (コミュニティカレッジ)に付属しています。そのため、将来的に大学に進学する留学生に向けたクラスなどが充実しています。ただし、大学の学期にクラススケジュールを合わせているため、私立の語学学校と比べ時間の自由度が下がります。
大学付属の語学学校の場合、大学の施設を利用することが可能なため、図書館やスポーツ施設なども自由に使えるのがメリットです。滞在先に関しては、私立の語学学校ほど手厚くサポートはしてくれませんが、大学の学生寮などに入居することも可能です。しかし、学生寮には部屋数の制限などもあり、必ず入居出来るとは限らないため、あらかじめ調べておきましょう。

カリフォルニア大学付属語学学校の主な例

学校名平均費用 (1ヶ月)
UCLA Extension, American Language Center20万円
University of California Irvine Continuing Education, International Programs25万円
UC San Diego Extension International Programs21万円

※平均費用はあくまでも参考です。実際には宿泊費やその他費用が発生する場合もありますので、ご注意ください。