入学方法

カリフォルニアの大学院への出願書類は4年制大学 (university)とさほど大きくは変わりません。しかし、大学院の場合は成績もより重視されるほか、出願者は4年制大学の専攻科目の研究とスキルを強化するために入学を希望するため、よりハイレベルかつ専門的な知識が必要となります。こちらではカリフォルニアの大学院へ出願する際に必要となる出願書類についてご説明します。


出願書類 📑

成績 (GPA)

4年制大学からの成績 (GPA)を提出します。GPAの条件は大学院によって異なりますが、専攻科目によっても異なりますので、希望校を選択する際に、ご自身が大学院で学ぶ専攻について十分に調べておきましょう。

Essay (エッセイ)

4年制大学へ出願する際にも提出をした志望動機書です。4年制大学に出願した際のエッセイは「志望する理由」など、大きなテーマに沿って自分の価値観や経験談などを元にエッセイを作成したと思いますが、大学院では出願者の研究テーマや研究計画を提案し、研究能力を示す必要があります。冒頭でも記載した通り、大学院ではより専門的な知識が求められるため、単に志望理由を述べるのではなく、出願者が4年制大学で培ってきた学びをいかに大学院で強化したいか、どう研究をしていくかを大学院側は重要視します。

推薦状

4年制大学で出会った教授からの推薦状 (letter of recommendation)が3通から4通必要になります。推薦状は、出願者の専攻に関する研究能力などを評価してもらうための書類となるため、仲が良かった教授などにお願いする訳ではなく、ご自身の専攻科目に関する知識レベルについて、適切な評価をできる教授や研究者に依頼することが大事です。

テストスコア

GRE

大学院の出願書類の一つとして、Graduate Record Examination (GRE)と呼ばれる大学院出願者向けのテストのスコアが必要です。GREは日本で言う、入試センターのようなもので、大学院での専攻科目の修士号、博士号を取得するために必要とされるテストです。GREのテストは、analytical writing (作文)・verbal reasoning (言語的推論、言語能力)・quantitative reasoning (定量的な推論、数学)の3パートで構成されています。GREテストの登録方法や詳細についてはこちらをご確認ください。

TOEFL

英語能力を判定するためのテストであるTOEFLスコアの提出を求められ、一定の点数を満たしている必要があります。