コミュニケーション

アメリカでは一般的に使われているコミュニケーション・ツールが日本と異なることも多くあります。現地生活の開始当初は分からないことも多く、戸惑うこともあるかと思います。アメリカで携帯電話の契約方法や、一般的に使われているコミュニケーション・ツールは事前に抑えておきましょう。

communication

携帯電話 📱

現地で携帯電話を使うにはいくつかの方法があります。滞在期間などを考慮してメリット・デメリットや携帯電話の利用方法を知っておきましょう。

携帯電話の利用手段

1. Wi-fiを使って利用

携帯キャリアのプランには加入せずに、Wi-fi接続のみで携帯電話を利用する方法です。
LAは大学のキャンパスやカフェ、公共機関などに無料Wi-fiスポットが多く存在します。

メリットデメリット
携帯キャリアと契約をしない・携帯電話の購入不要のためコストを抑えられるWi-fi環境下でしか利用出来ないため、緊急時に電話をかけられない

2. 日本の携帯キャリアの海外プランに加入

現在契約している日本の携帯キャリアが提供している海外プランに加入

メリットデメリット
既に使用中の携帯をそのまま使えるため手間が省ける長期契約する場合は割高となる可能性がある。
電話をかけられるため緊急時も安心現地の通信電波が弱く、インターネットの接続が遅い場合がある。

3. 現地で携帯を購入・契約する (postpaid契約)

こちらは日本で契約する方法と同様に、現地の通信キャリアと契約する方法です。postpaidと呼び、データや音声の利用量に応じて毎月課金されます。

メリットデメリット
間違いなく携帯が利用可能契約にはSocial Security Numberが必要
緊急時も安心現地通信キャリアのほとんどは英語のみで対応

4. 現地でSIMカードを購入する (Prepaid契約)

現在使用しているスマホのSIMロックを解除し、現地でSIMを購入しスマホを利用する方法。postpaidと呼ばれ、事前に料金を支払うシステムです。そのため、データの使い過ぎによる超過請求を心配する必要はありません。

メリットデメリット
現在使用しているスマホをそのまま使えるスマホのSIMロックを解除する必要がある

大手通信キャリアの比較

Verizon、AT&T、T-Mobile USがアメリカの3大通信キャリアです。
以下の表は、各通信キャリアの最安値の月額料金を比較したものです。

キャリアpostpaid月額料金postpaid容量prepaid月額料金prepaid容量
Verizon$70無制限$356GB
AT&T$65無制限$258GB
T-Mobile US$60無制限$4010GB

※2021年1月時点


インターネット 🌐

LAでは無料でWifiを提供するカフェ、レストランが多く、学校の図書館でもインターネットが使えるため、学生は自宅にインターネットが無くても不便なく学生ライフを過ごせます。 しかし、万が一の場合に備えて自宅でインターネットが使えればかなり便利なので、現地でインターネットに契約する方法についてご説明します。

wifi

インターネットの契約

インターネット会社の多くは様々なプランを提供しており、基本的にはインターネット・テレビ・電話の組み合わせです。サービスの組み合わせによって料金も大きく異なるため、自分が利用したいサービスを知った上で契約しましょう!

申し込み方法

  1. インターネット会社に電話をし、申し込み依頼。
  2. インターネットの接続に必要な設備のセッティング日時を決めます。
  3. 当日にスタッフがモデムやケーブルなどを持参し、インターネットだけではなく、テレビのセッティングも行ってくれます。

通信アプリ 💬

日本に住む多くの方は一般的にLINEをコミュニケーション・ツールとして使いますが、アメリカ人の間ではLINEはあまり多く使われていません。日本とは異なり、アメリカ人が日常的に使うコミュニケーション・ツールは人によって変わります。 現地の多くの人が使う通信アプリについてご説明しますので、現地生活を始める前に是非知っておきましょう!

chat

通信アプリの種類

  • SMS (ショートメッセージ)
    日本ではあまり一般的ではないですが、アメリカではSMSやテキストメッセージで連絡を取り合う人がかなり多いです。

  • iMessage
    iPhoneユーザー同士で使えるコミュニケーション・サービス。iPhoneユーザーが多いアメリカでは、一般的に使われているサービスです。

  • Facebook Messenger
    Facebookの友達同士で気軽にメッセージが送りあえるので、かなり便利です。

  • Instagram
    インスタはアメリカでは多くの人に使われており、DM機能を通じて連絡を取り合うことも多いです。

  • LINE
    現地在住の日本人同士では、やはりLINEが一般的に使われています。

郵送方法 📮

アメリカの郵便業務は主にUSPS (United States Postal Service)が行います。

mail

USPS

郵送料金は、配達スピードや郵送物のサイズ、重さなどによって異なります。

アメリカ国内向けの主な郵送サービス

サービス配達スピード料金
Priority Mail Express翌営業日$26.35〜
Priority Mail1〜3営業日$7.50〜
First-Class Mail (手紙・ハガキ)1〜3営業日$0.55〜

海外向けの主な郵送サービス

サービス配達スピード料金
Global Express Guaranteed1〜3営業日$67.80〜
Priority Mail Express International3〜5営業日$45.95〜
Priority Mail International6〜10営業日$26.90〜

その他民間配送サービス業者